テーブルブロック

テーブル(表)の作成を行う際にはテーブルブロックを利用します。表は便利ですが、複雑な表はスマホで閲覧する場合、見辛いので表を簡潔にする工夫をした方が良いでしょう。

テーブルブロックの追加

左上のアイコンの「ブロックの追加」をクリックし「テーブル」を選択すると下のような「テーブルブロック」が追加されます。「テーブル」のアイコンは「ブロックの追加」をクリックしいくつか表示されるアイコンを下にスクロールして「フォーマット」の中にあります。頻繁に使うと上の「よく使うもの」の中に表示されるようになります。

テーブルブロック

テーブルの生成

テーブルブロックの追加で列数と行数を選択して「生成」をクリックするとテーブルが生成されます。仮に2列5行で生成すると以下のようになります。

テーブル

テーブルブロックの詳細

テーブルブロックの上部には6個のアイコンが表示され、そして後で解説しますが隠れているアイコンが4個あります。各アイコンについて解説します。

ブロックタイプまたはスタイルを変更

ブロックタイプまたはスタイルを変更

「ブロックタイプまたはスタイルを変更」をクリックするとテーブルの表示タイプを「デフォルト」と「ストライプ」から選択できます。

左寄せ

左寄せ

テーブルブロックを左寄せにします。

中央揃え

中央揃え

テーブルブロックを中央揃えにします。

右寄せ

右寄せ

テーブルブロックを右寄せにします。

隠れてたアイコンを表示

隠れてたアイコンを表示

ここで生成されたテーブルのセルの一つを選択します。選択中のセルの周りが青く色が変わり、隠れてたアイコン4個が表示されます。

テーブルの編集

テーブルの編集

「テーブルの編集」をクリックすると選択中のセルに対して「上に行を追加」「下に行を追加」「行の削除」「左に列を追加」「右に列を追加」「列の削除」ができます。

太字

太字

テーブルブロック内でテキストを選択した後、このアイコンをクリックすると選択した部分のテキストが太字になります。

イタリック

イタリック

テーブルブロック内でテキストを選択した後、このアイコンをクリックすると選択した部分のテキストがイタリック体になります。

リンク

リンク
  1. 見出しブロック内でテキストを選択した後、このアイコンをクリックすると選択した部分にリンクを設定することができます。
  2. リンク先のURLを直接入力したり、サイト内のページから検索することも可能です。
  3. リンクの詳細設定をします。
  4. リンク先のページを新しいタブで開くかどうか設定します。
  5. 設定したリンクの内容を適用します。

よりリッチなテキスト制御

よりリッチなテキスト制御

「よりリッチなテキスト制御」をクリックすると「インライン画像」「ソースコード」「打ち消し線」の設定ができますが一般的ではありません。ほとんど使用することはないでしょう。

詳細設定

詳細設定

一番右の詳細設定のアイコンをクリックすると吹き出しが表示され7つのメニューが表示されます。

ブロック設定を非表示
ページ右側に表示されている「ブロック設定」のカラムを非表示にできます。
複製
このブロックを複製します。
前に挿入
新しい空のブロックをこのブロックの前に挿入します。
後に挿入
新しい空のブロックをこのブロックの後に挿入します。
HTMLとして編集
HTMLの編集ができます。ソースを直接編集できる人には便利です。戻るときには「ビジュアル編集」をクリックします。
再利用ブロックに追加
再利用ブロックに追加しておくと、このページだけでなく他のページでも同じ内容のブロックを利用できます。お問い合わせのバナーや会社概要など、複数ページで同じ内容のブロックを表示させたい時に便利です。再利用ブロックは一つを変更したとき他の再利用ブロックにもその変更が反映されます。
ブロックを削除
このブロックを削除します。

ブロック設定

ブロック設定

ブロック編集中には右側にブロック設定のカラムが表示されます。

スタイル
テーブルの表示タイプを「デフォルト」と「ストライプ」から選択できます。
テーブル設定
テーブルの列幅を均等配分し固定することができます。
色設定
テーブルの背景色を設定できます。
高度な設定
追加のCSSクラスの設定ができます。あらかじめスタイルが設定してあるときそのクラスを入力します。
初期費用0円・月額費用3980円のホームページ制作
0532-74-5099
ホームページ制作のお申し込みはこちら
メールでお問い合わせ
このページのトップへ
初期費用0円・月額3980円|スマホ対応の格安ホームページ制作|店長.jp
0532-74-5099
ホームページ制作のお申し込みはこちら
メールでお問い合わせ
このページのトップへ